『レベッカ』11月忠武路アートセンター大劇場で開幕、リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、カイ、シン・ソンロク、シン、シン・ヨンスク、オク・ジュヒョン、チャン・ウナ出演

『レベッカ』が11月、5回目の公演で戻ってくる。『レベッカ』韓国公演は、67万名が観覧し、平均客席占有率92%を記録したヒット作だ。

イギリスの代表作家ダフニ・デュ・モーリエが1938年に書いた同名小説を原作とした『レベッカ』は、スリラー映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックが1940年に披露した同名の映画をモチーフに制作された。ミュージカルは急展開を繰り返すサスペンスドラマと一度聞いたら忘れられないキリングナンバーで構成された。

クリエイティブとしては初演から『レベッカ』を率いてきたロバート・ヨハンソンが再び演出として参加する。キム・ムンジョン音楽監督、ジェイミー・マクダニエル振付師、チョン・スンホ舞台デザイナーなど過去の公演を興行に導いた創作陣が総出動する。

マンダレイ邸宅の所有者でイギリス最上流層の紳士であるマキシム・ド・ウィンター役にリュ・ジョンハン、オム・ギジュン、カイ、シン・ソンロクがクワッドラッフルキャスティングされた。誰もが欲しがる魅力的なキャラクターでマンダレイ邸宅の家政婦であるダンヴァース夫人役をシン・ヨンスク、オク・ジュヒョン、チャン・ウナが演じる。

マンダレイ邸宅女主人として純粋で繊細な'私'役はパク・ジヨン、イ・ジヘ、ミン・ギョンアが務める。レベッカのいとこで内縁関係を結んでいる人物ジャック・ファヴェル役はチェ・ミンチョルとイ・チャンミンが務める。この他、ムン・ヒギョンとチェ・ヒョクジュがヴァン・ホッパー夫人役を、イ・ソユとリュ・スファがベアトリス役を、チェ・ビョングァンがジャイルズ役を、ホン・ギョンスとパク・ジヌがフランク・クローリー役を、キム・ジウクがベン役を、イ・ジョンムンがジュリアン大佐役で出演する。

この他に、アンサンブルとしてキム・ジソン、ハン・ヨンジュ、チョン・ジェヒ、チェ・テイン、ペク・ドゥサン、ミン・ジュノ、ファン・セジュン、パク・ソンジョン、キム・チャンレ、チョン・ソンギュン、チェ・ソンギュン、チェ・ソンジュン、キム・スヨン、チョン・チャンミン、チェ・フノ、ソン・ジウォン、オ・ユンソが、スウィングとしてイ・ソニョン、オ・サンヒョンが参加する。

豪華なキャスティングで戻ってきた『レベッカ』は、11月16日から2020年3月15日まで武路アートセンター大劇場で公演される。


出処:THE Musical